ケンタッキー州政府 アジア代表事務所

企業向け優遇措置

ケンタッキー州に新規進出を考えている企業や、既に同州に進出済みで施設の拡張等を検討している企業に対し、さまざまな金銭的優遇制度があります。
詳細については、ケンタッキー州政府アジア代表事務所までお問い合わせください。

財務優遇措置
Financial Incentives

ケンタッキー州に新規進出を考えている企業や、既に州内に進出して施設拡張を検討している企業に対して、事業の経費負担を軽減するための制度が多数存在します。ここでは、特によく利用されている制度のいくつかをピックアップして以下でご紹介いたします。

ケンタッキー州事業投資プログラム(KBI:Kentucky Business Investment Program)
既にケンタッキー州に進出しており新たに事業を拡張する、あるいは新規に進出する地域および全国本社業務、製造会社、非小売業務または科学技術関連の企業は、認定を受けることで法人所得税控除および賃金賦課金が認められます。
ケンタッキー・エンタープライズ・イニシアティブ法(KEIA: Kentucky Enterprise Initiative Act)
ケンタッキー州におけるサービスや科学技術の新設・拡張、製造事業、観光促進プロジェクトを奨励する制度です。研究・開発に使用する建築資材・設備、データ処理の設備に対して有資格と認定されれば、企業が納めた販売・使用税の割戻しが認められます。
ケンタッキー再投資法(KRA: Kentucky Reinvestment Act)
市場での競争力を維持・改善するために、ケンタッキー州内の施設へ投資を必要とする製造企業に対して有資格と認定されれば税控除する制度です。
技能研修投資税額控除(Skills Training Investment Credit)
従業員のための職業訓練や技能向上の制度に資金を支出する企業に対して、有資格と認定されればケンタッキー州の法人所得税の控除が受けられます。
助成金制度(Grant-In-Aid Program)
特定の事業や業種に特化した研修制度に資金を支出する企業に対して、有資格と認定されればケンタッキー州から負担に応じた助成金を受けられます。

ハイテク関連向け優遇制度
High-Tech

SBIR-STTRマッチング・ファンド・プログラム ( SBIR-STTR Matching Funds Program )
ケンタッキー州は、米国連邦政府の「中小企業技術革新研究プログラム ( SBIR: Small Business Innovation Research )」と「中小企業技術移転プログラム ( STTR: Small Business Technology Transfer )」による資金を受けている同州のハイテク関連中小企業および同州を本拠地としたい企業を選出し、フェーズ1とフェーズ2にかかる費用を負担します。フェーズ1の対象企業には、技術的メリットあるいはアイデアや科学技術の実現性を探求するための支援として最高15万米ドルを、またフェーズ2の対象企業には本格的な研究開発への支援として最高50万米ドルを助成します。

人材訓練向け優遇制度
Workforce Training

ブルーグラス州技能公社の技能研修投資税額控除 ( Bluegrass State Skills Corporation Skills Training Investment Credit )
従業員向けに職業・技能向上研修プログラムを提供する既存企業は、同州の法人所得税の控除が受けられます。
ブルーグラス州技能公社の研修費用負担プログラム ( Bluegrass State Skills Corporation Grant Reimbursement Program )
特定のビジネスや産業向けの研修プログラムにかかる費用を負担します。