ケンタッキー州政府 アジア代表事務所

ケンタッキー州について

日本とケンタッキー州のつながり
Kentucky Ties with Japan

ケンタッキー州は、日本とのビジネス関係を大切にしています。

1974年に、ヤマザキマザック株式会社が日本企業として初めてケンタッキー州に製造工場を開設し、以後15回の拡張が行われてきました。それ以降、1988年にはトヨタ・モーター・マニュファクチャリング・ケンタッキー株式会社が、初のアメリカ製カムリを製造しました。その後1,000万台がケンタッキー州の製造ラインから出荷され、北米最大の製造工場となりました。現在、トヨタは当州で7,000人以上の州民を雇用しており、既に60億ドル超を投資しています。

また、ケンタッキー州には170社以上の日本企業が進出し、43,000人以上の人が雇用されています。トヨタとヤマザキマザックのほか、日立、曙ブレーキ、サントリー、住友、三菱など、多数の企業が州内に大規模な拠点を構えており、当州に進出する企業は増え続けています。進出企業の業種はさまざまで、生産品目は、自動車、蒸留酒、航空宇宙、アルミニウム、化学製品など、多岐にわたります。

ケンタッキー州で生産された無数の製品は、日本の家庭や企業で毎日のように使われています。ちなみに、昨年のケンタッキー州から日本への輸出額は、物品とサービスを合わせて12億ドルに上り、日本は当州で7番目に大きな輸出先なのです。

日本との関わりも深く、ケンタッキー州は北杜市川西市桑折町田原市田鶴浜町日進市新ひだか町との間で姉妹都市提携が結ばれるなど、日本自治体との間で友好・協力関係を深めています。

当州は、海外からの投資を得るために真摯に努力してきました。州内には、現在31か国420社以上の外国企業が事業を展開し、85,000人以上が雇用されています。2013年には、企業による新規投資の40%、新たな雇用の30%以上が海外企業によるものでした。このような経済成長の多くが、日本企業の参入によってもたらされた成果によるものです。

日本のビジネス・コミュニティーや市民と築き上げた長年にわたる良好な関係は、当州にとって誇りです。すでにケンタッキー州に進出している企業、これからの進出される企業からも、新たな投資を歓迎いたします。

ケンタッキー州にあるアジア(日本)資本の企業